スポーツ外傷・交通事故専門対応・往診時間外対応・各種保険取扱・自由診療東武東上線「上福岡駅」南口徒歩5分。地元に密着した安心の接骨院。捻挫・打撲・挫傷・スポーツ外傷・腰痛・骨折・脱臼・ムチウチ・交通事故専門対応・メディカルアロマなど。

姿勢やストレッチ

姿勢のタイプと生活習慣について

姿勢の悩みは、様々な生活習慣によって、人ぞれぞれタイプがあります。
当てはまる姿勢の特徴や、生活習慣はありませんか?

▼ 左右アンバランスタイプ

・頭が前に出ている
・あごが上がっている
・背中が丸まっている
・バストがたれている
・下腹がポッコリする
・お尻がたれている
・骨盤が前傾し後ろにずれ、腰は反る
・太ももが張る

■このタイプになりやすい生活習慣
○座り仕事
○肥満
○ハイヒールをよく履く
○姿勢を正す習慣がない

▼ 猫背+反り腰タイプ

・背骨が歪んでいる
・顔に左右差が出る
・バストに左右差が出る
・お尻や腰が片側だけ張る



■このタイプになりやすい生活習慣
○片足体重
○左右アンバランスなスポーツをしている
○重いカバンを片方の肩にかけるクセ
○座る時に一定の向きで足を組んでいる

▼ フラットバックタイプ

・頭が前に突き出る
・骨盤が後傾し前にずれる
・下腹部の筋肉が短縮する
・背中のS字曲線がない


■このタイプになりやすい生活習慣
○座り仕事
○ストレッチ不足で激しい運動をする
○長期的、習慣的に正座をしている

▼ スウェイバックタイプ

・頭が前にずれる
・背中が丸まる
・骨盤が前にずれる
・膝がやや曲がる


■このタイプになりやすい生活習慣
○姿勢への意識が極端に低い
○常に疲れがたまっている
○がに股

腰部の緊張緩和ためのストレッチ

「御自宅でも簡単で手軽に出来る体操」として以下をご紹介します。
忙しい方でも、短い時間で、ストレッチやエクササイズをしてみましょう。

■このストレッチやエクササイズには以下のような目的や注意点があります。
  • 背部、腰部、股関節の緊張を緩和し、可動域を回復することが目的です
  • 背部や体側のストレッチングとともに、股関節のストレッチングにも時間をかけましょう。
  • ストレッチングの後は、腰の捻りや股関節を動かすエクササイズで自動的に筋肉を動かしましょう。

▼体側のストレッチ①

側方に倒して体側を伸ばす 左右各20秒間2回

▼キャットストレッチ

四つ這いで背を丸めて背部を伸ばす
20秒間2回

▼股関節のストレッチ(屈曲)

膝を引き寄せて股関節を伸ばす
左右各40秒間2回

▼腰のストレッチ

両膝を抱えて腰を伸ばす
40秒間2回

▼ 腰を捻るストレッチ

脚を交差し、腰を捻って伸ばす
40秒間2回

▼ハムストリングのストレッチ

膝を少し曲げ、上体を前に倒して伸ばす
40秒間2回

▼腰のストレッチ

両足の裏を合わせ鼡径部を伸ばす
40秒間2回

▼ 体側のストレッチ②

側方に倒して体側を伸ばす
左右各40秒間2回

▼内転筋のストレッチ

足首を曲げ、上体を倒して内転筋を伸ばす
40秒間2回

▼大腿部のストレッチ

片膝を曲げて大腿部前面の筋肉を伸ばす
40秒間2回

▼体幹を捻るエクササイズ①

足は床につけ、両膝を左右に倒す
15往復1セット

▼体幹を捻るエクササイズ②

股関節と膝を90°曲げ、両膝を左右に倒す
15往復1セット

▼背部の解緊エクササイズ①

うつ伏せに寝て膝を脇に引きつける
左右各10回1セット

▼背部の解緊エクササイズ②

仰向けに寝て足首を曲げて、かかとを押し出す
左右各10回1セット